人気ブログランキング | 話題のタグを見る
<< 【マッチコレクター考】マッチの... プロフェッショナルやさいの流儀... >>
プロフェッショナルやさいの流儀・戦後70年特別編〜【後編】戦後の食料安定と、「相互理解」の重要性
突然ですが…今年は戦後70年ということで、自分が聞いた戦争経験者のお話をUPします。
*これは2013年の「プロフェッショナルやさいの流儀」展
「取材写真アルバム」に入れてた文章と同じものです。

板木利隆先生(農学博士・板木技術士事務所)のお話です。
詳しいプロフィール→ http://jv-ikubyou.com/12komon.html
以前「プロフェッショナルやさいの流儀」で取材させていただいた記事はこちらです
http://petitmatch.exblog.jp/17333610/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【前編】はこちら→ http://petitmatch.exblog.jp/23562189/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【後編】戦後の食料安定と、「相互理解」の重要性
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
プロフェッショナルやさいの流儀・戦後70年特別編〜【後編】戦後の食料安定と、「相互理解」の重要性_f0134538_3454835.jpg

千葉農業専門学校卒業後、千葉農業専門学校の助手を数年やったあと、
昭和29年(1954年)神奈川県園芸試験場へ。

神奈川県園芸試験場では、品種を作ったり、ビニールハウスの研究をしたりしていた。
時は高度経済成長期。
1966年、「野菜生産出荷安定法」が制定される。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S41/S41HO103.html
*野菜の安定的な供給の確保のため、「指定野菜」を常に一定量作るようにするというもの。

野菜の安定出荷のためには、ビニールハウス栽培等の「施設栽培」の技術は重要であった。
昭和48年(1973年)オイルショックが起きる。
石油製品であるビニールや、ハウスの暖房のために石油を使っていた
ビニールハウスの研究は、
世間から総スカンをくらい、叩かれることとなる。
プロフェッショナルやさいの流儀・戦後70年特別編〜【後編】戦後の食料安定と、「相互理解」の重要性_f0134538_3552780.jpg

そこで板木先生は「相互理解」の重要性を知る。
生産者、研究者、消費者が、互いに理解しあわなければ、
こういうことになってしまう。
生産者のために研究をするだけでなく、
一般の人に研究をわかってもらうことの必要性を強く感じた。
プロフェッショナルやさいの流儀・戦後70年特別編〜【後編】戦後の食料安定と、「相互理解」の重要性_f0134538_3382967.jpg

「プロフェッショナルやさいの流儀」で取材させていただいたプロの皆さんと私

自分の研究内容が、現場に普及するのが大切だと思っている。
それで先生は、研究もたくさんされていますが、
たくさんのご著書も書かれ、講習会も積極的に行なったり、
自ら情報を発信することを大切にしているそうです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【前編はこちらです】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
後編は戦争というか「戦後」の話です。
板木先生のお話を伺ったとき、先生のキャリア(考え方)には、
戦争が深く関係していると感じました。
農業高校に進んだのも「食べ物が確保できると思ったから」だし、
基本的には「より多くの人が生きのびるためにはどうすればいいか」
という発想で研究をされていて、
やはりベースは「戦争経験」(戦争と、戦争から立ち直るまでの経験)にあるのではないかなと…
戦争経験者がどんどんいなくなっている今、
そのことを書き、伝えていくことが重要なのではないかと思いました。
そこで今回、板木先生のご許可も得て、ブログにUPしてみました。

今後、戦争がなくても、
「自分は何を食べるのか、それをどう確保していくのか」の問題は
人間が生きていく以上、常に考えないといけない問題だと思うので、
私も消費者として、生産者・研究者への理解を深め、
よりよい食環境が得られるよう考え、行動していきたいと、改めて思いました。
by petit_montre | 2015-01-17 03:58 | 展示
<< 【マッチコレクター考】マッチの... プロフェッショナルやさいの流儀... >>