<< きのうは広尾のCITY BAK... 「nina's」(祥伝... >>
Yasuhiro Morikawa「loosen a string」/広尾カッフェ・イル・ソーリト
f0134538_2222169.jpg

今日は広尾のカッフェ・イル・ソーリトに
Yasuhiro Morikawaくんの写真を見に行きました。
http://yasuhiromorikawa.com/
Morikawaくんは私が2年前に参加していた、写真のワークショップの同期です。
今回はイスラエルで撮影したという写真の展示でした。
イスラエルには私は行ったことがないし、ほぼノー知識だったのですが
イスラエルの人のものの考え方とか、カルチャーの部分を教えてもらえて
よかったです。
展示の仕方もナチュラルでよかったです

あと、個人的に最近モヤモヤ考えてた
「写真家・カメラマンでない自分(写真で食ってるわけではない自分)
が写真作品を展示することについて」話せたのがよかったです。

私も写真作品を作っているのですが、
いわゆる写真ギャラリーとか写真雑誌の雰囲気に馴染めず、
今のところBCCKSで電子書籍+紙本を販売したり、
自分で手製写真集を作って、知り合いのお店に置いてもらう形で
作品を発表しています。
その一方で、展示という形で、
写真を大きく引き伸ばしたり、またはその写真にあった形で出力して
見てもらう、というのもやってみたいと思いつつ、
しかし職業としてはイラストレーターなわけで、
じゃあ、どういう人として展示をすればいいんだ?
ということに悩んでいました。

それで先月、
サラリーマン・フォトグラファーからぱたさん
http://hidari-zingaro.jp/2014/03/love-will-guide-you/

の展示を見に行ったりもしたのですが、

私はからぱたさんほど、「今の『写真』をめぐる状況」において
反骨精神みたいなのがあるわけではなく、(馴染めない感覚はあるけど)
単純に自分の中での使命感みたいなもの
(私にとっての写真は、自分の中で、「やらなければならないこと」として存在しています。)で作っているし…
別に社会的に何かしたいってわけでもないんだよな〜
しかし「趣味」でもないし…

とかモヤモヤ考えてたのですが、Morikawaくんと話して、
「写真は『Tomoko Oosuki』として発表して(つまり肩書きなしで発表して)、あとは、強くなるしかないんじゃないの」
と言われ、そうか、強くなるしかないのか、
と思うことができました。
強くなろう。

お店自体もかなりオープンな感じで、コーヒーもおいしく、
いい空間でした。
29日までやってるのでぜひ↓
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「loosen a string」
2014. 6.3 Tue. - 29 Sun.
8:00 Open - 19:00 Close
(土日祝 12:00 Open / 月曜定休)

URL:
http://yasuhiromorikawa.com/
http://www.matter.jp/
http://ilsolitotokyo.tumblr.com/

Place:
Cafe Il Solito
- 東京都渋谷区恵比寿2-4-2
Ebisu 2-4-2, Shibuya, Tokyo
- 恵比寿駅より徒歩10分
10 minutes from Ebisu station
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[PR]
by petit_montre | 2014-06-15 22:22 | 写真 | Trackback
トラックバックURL : https://petitmatch.exblog.jp/tb/22310551
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< きのうは広尾のCITY BAK... 「nina's」(祥伝... >>