<< 棒アイスサワー 東京都写真美術館「日本写真の1... >>
東京都写真美術館「日本写真の1968」と、そこで見た「東大全共闘」(3)
f0134538_11413370.jpg

東京都写真美術館「日本写真の1968」と、そこで見た「東大全共闘」(2)
http://petitmatch.exblog.jp/20208080/

のつづきです

その後、「東大全共闘」の2007年新潮社版を読みました。

東大全共闘1968‐1969

渡辺 眸 / 新潮社


これは旧版とは全然別物で、渡辺眸さんの著書として出ています。
渡辺眸さんの「偶然巻き込まれちゃった感」が、私にとってはリアルな感じがするなと思いました。
私も中学の同級生を訪ねて行って、偶然駒場寮を見たのがきっかけで、
最初は写真を撮り始めたので…
私は、結果として学生側の視点で写真を撮ったことになるわけですが
実感としては、当事者ではなく、傍から眺めていただけなので、
渡辺梓さんの感じが今まで読んだ関連書籍の中では
一番近いな〜と思いました。

しかし山本義隆さんが40年近くたっても未だに本気で怒ってて、
写真集への寄稿も思い出としてではなく、現役の怒りベースで、
その論理的にも精神的にも一貫してるところに感動しました。

写真は炊事場です
[PR]
by petit_montre | 2013-08-18 07:14 | 写真 | Trackback
トラックバックURL : https://petitmatch.exblog.jp/tb/20208094
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 棒アイスサワー 東京都写真美術館「日本写真の1... >>