<< 7月8日の日記 夏はおそろしい 「不安な心をしずめる名言」真山... >>
私の心の中の名言集
座右の銘というか、私がストックしてる名言です。

★その1★
「絶望はおろか者の答え」(イッパイアッテナ)
→「ルドルフとイッパイアッテナ」という本に載っている言葉です。
この本は大人になってもかなり得るものがあり、度々読み返しています。
このセリフは、
「こんなことなら、何も知らなかったほうが、希望も持たないから、幸せだったんじゃないだろうか。」
というルドルフ(黒ねこ)の疑問に対しての答えのセリフの一部なのですが…深いぜ!
杉浦範茂さんの挿絵も素晴らしいです
何をやってもうまくいかずメゲたときに。

ルドルフとイッパイアッテナ

斉藤 洋 / 講談社



★その2★
「いろんな形式で勝ててこそ、真のクイズ王だといえます」(能勢一幸)
→このセリフは、第15回アメリカ横断ウルトラクイズ・ドミニカ共和国の戦いでの言葉です。
(知ってる人しか知らないと思うが、かなりの名場面)
これは、無理難題が発生した場合に気分を切り替え、最適解を導きだすために、思い起こす言葉。

本にも載っています
これを見ると、まずは何よりも「勝つ気持ち」が大切だな〜と思いますね

能勢一幸のクイズ全書〈1〉 (センチュリープレス)

能勢 一幸 / 情報センター出版局



★その3★
「欲しいレコードは、いつか必ず手に入る。なぜなら毎日レコード屋に行っているからだ」(小西康陽)
→これは「雑貨カタログ」のムックの対談で小西康陽さんが言っていたことです。
*レアなレコードを手に入れるためには、毎日レコード屋に行ってる人のほうが当然手に入りやすい。
→他の人から見て、趣味や遊びにしか見えないことでも、自分なりの努力だし、そういうのは、常に続けないといけない。チャンスはそれなりに努力しないとつかめない。それはプロになっても同じ。
このムックに載ってる対談はすごくためになるので、未だに捨てられません。
*なんていうムックだったか忘れてしまいました…ネットでも見つからない。古すぎかな
こんなことを続けていてどうなるのか…と希望が見えないような気分を切り替えるときに使う(思い出す)
言葉。

あとは
バクマンの「放っておいてもいつかは自滅する…」←理不尽な嫌がらせ等、意地悪されたときなどに
「大切なのは諦めない事 そして努力…」
ぐらいかな

これで大抵のことは乗りきれる

名言ネタで2記事も書いてしまった
[PR]
by petit_montre | 2011-07-10 03:02 | 日記 | Trackback
トラックバックURL : https://petitmatch.exblog.jp/tb/16251350
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 7月8日の日記 夏はおそろしい 「不安な心をしずめる名言」真山... >>