人気ブログランキング | 話題のタグを見る
<< iphone対応手袋を自作する 大しあわせHAPPY展 >>
大内誠さんの展示&スロットカー初体験
大内誠さんの展示を見に、世田谷区の「リンドバーグ」に行ってきました。
リンドバーグは自動車専門書店だそうです。初めて行きました。
自動車専門と言いつつ、社長の趣味で美術書、料理書等もありました。
大内さんの展示は原画と、複製を販売してました。
大内さんの作品はこちら

地下にスロットカーのサーキットがあり、少しやらせてもらいました。
スロットカーは、タミヤニュースでお世話になった、フリー広報の海野さんが
以前スロットカーズジャパンで広報をされていたこともあり、
話に聞いたことはありましたが、実際にやるのは初めてでした。
大内誠さんの展示&スロットカー初体験_f0134538_172385.jpg

簡単に説明すると、
サーキットに溝(スロット)があって、その溝に模型自動車をはめて、コントローラーで速度を変えて
コースアウトしない範囲で速く走るのを競う遊びです。
大内誠さんの展示&スロットカー初体験_f0134538_173927.jpg

大内誠さんの展示&スロットカー初体験_f0134538_1773055.jpg

スロット (溝) の両側に電気を供給する電線 (電路) があり、そこから電力を取得することにより変速します。

スロットカー本体の構造は大変シンプルで、溝にはめてコントローラーで電気を通すことで
モーターが動き、車が前進します。
大内誠さんの展示&スロットカー初体験_f0134538_173351.jpg

ミニ四駆との違いは、ミニ四駆はセッティングをしたら操縦ができず、
モータースポーツで言ってみればメカニック作業、ピット内作業を楽しむホビーであるのに比べ、
スロットカーは本体はあくまで通電装置のみであり、操縦の楽しみ、
レーサーになる事を楽しむホビーであるといえます。

通電さえすれば上物の車はなんでもいいそうなので、スロットカー用のボディでなくても
他の模型をいろいろ流用できるそうで、これは眠ってる模型の活用にもいいなと思いました。
なぜか、イエローサブマリンもありましたよ!↓
大内誠さんの展示&スロットカー初体験_f0134538_1743921.jpg


ミニクーパーたち カワイイ
大内誠さんの展示&スロットカー初体験_f0134538_176471.jpg


よく知らないがカッコイイ車 やはりvodafoneのロゴはカッコイイですな。最近は中国の会社がスポンサーになるようで漢字も混じっている。
大内誠さんの展示&スロットカー初体験_f0134538_1710699.jpg

大内誠さんの展示&スロットカー初体験_f0134538_1711151.jpg


店長のアツイトークも聞けて、楽しかったです。
リンドバーグのスロットカーサーキットを運営している、
「バン・プロジェクト」のホームページはこちらです
http://www.banproject.com/
by petit_montre | 2011-01-26 17:31 | ミニ四駆・模型・コロコロ
<< iphone対応手袋を自作する 大しあわせHAPPY展 >>