<   2014年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧
5月31日 二十日大根を収穫しました
f0134538_20165945.jpg

4月28日に種をまいた二十日大根
http://petitmatch.exblog.jp/21936209/

のうち、3つを収穫しました。
f0134538_20171285.jpg

二十日ではできず、1ヶ月以上かかる感じですね
[PR]
by petit_montre | 2014-05-31 20:18 | ハーブ・ガーデニング | Trackback
5月30日 ベランダの側溝にカイワレが生えてました
f0134538_20134278.jpg

昨日、ベランダ作業を終えて、
後ろをふと振り返ってみたら、ベランダの側溝にカイワレが生えてました。

こんなに土が少なくても、芽ってでるものなのか…
植物ってたくましい
なんか、感動してしまいました。

1個だけ食べてみたら、普通にカイワレ大根でした。
先日、二十日大根のたねの袋が破れてて、自分では全部拾ったつもりだったんですけど
実際は結構拾えてなくて、それらの種が、発芽したのだと思われます。

ここからどこまで育つことができるのか、ちょっとほっといて観察してみようと思います。
[PR]
by petit_montre | 2014-05-31 20:15 | ハーブ・ガーデニング | Trackback
5月30日 二十日大根、割れてしまったので収穫しました
f0134538_20115042.jpg

二十日大根、割れてしまったので収穫
f0134538_2012993.jpg

小さいけど、しかたない。食べちゃお
う〜ん ピリっと体に走る辛さと細胞のよろこび うまい!
[PR]
by petit_montre | 2014-05-31 20:13 | ハーブ・ガーデニング | Trackback
北村薫さんの小説「八月の六日間」(KADOKAWA)で、扉イラスト(登山ルートの地図)を描きました。
f0134538_1859352.jpg

5/28発売の北村薫さんの小説単行本「八月の六日間」の中で、
扉イラスト(登山ルートの地図)を描きました。
装画は版画家の謡口早苗さん、装丁は大武尚貴さんです。とても綺麗な本です!
特設サイトと、書店さんで配布されるフリーペーパーにも、イラストを使ってもらっております。
f0134538_18595859.jpg

主人公はアラフォー編集者の女性で、文芸誌の副編集長をしていて、中間管理職として心を擦り減らしたり、元彼が結婚したりと、いろいろあるけど、山歩きで自分を取り戻す…というお話です。

私は登山経験がなく、この小説に出てくる場所にも全く行ったことがないのですが
山知識がなくても、単に「働く女性の話」として面白かったですし、
たぶん登山経験がある方なら、より面白く読めるのではないかと思います。
主人公が小説誌の編集者なので、登山にも本を必ず持っていくし
お話の中でも、本をよく読むので、出てくる本にも興味を持ちました。
いつか山に登ることがあったら、
コンデンスミルクを入れたミルクティを飲んでみたい!と思いました。
(とりあえず家で、普通にミルクティ入れて飲みました。)

あと、すごく個人的な感想になりますが…
私は、本や雑誌が大好きで、基本的には「出版に関わる仕事」として
イラストレーターをしているというところがあります。
また私は、村上春樹さんと安西水丸先生の関係に、非常に憧れを抱いており、
小説家と切磋琢磨して成長していくという人生に、大変憧れています。
ですので、いつかそういう関係になれる小説家と出会えないだろうか?
と日々妄想していました。

しかし、その妄想は、自分自身という現実の前に、打ち砕かれました。
私は小説の挿絵を、過去に2回描いたことがあるのですが
実際に小説の仕事をやってみると、
小説を読んで何かの絵を描くということは、私にはとても難しく感じられました。
そのあと、「今後は、自分は小説に関わる仕事はできないだろう」と、
自分で勝手に思っていました。
しかし今回、扉絵といっても、いわゆる「挿絵」でなく、
「小説の中で主人公が歩いた道筋の地図を描く」
というお仕事を頂き、「こんな仕事があるとは!」と驚くと同時に、
自分では思ってもみなかった形で、小説との関わりを持つことができて、
「私でも、小説に関係する仕事ができるんだ!」と思い直すことができ、
とても嬉しかったです。

この仕事を通して、まさに、
「違うルートで同じ山を攻める」的な感じで「忘れ物を取り戻した」
気持ちになりました。

「八月の六日間」は本日、「王様のブランチ」でも紹介されたようです。
特設サイトはコチラ。ラジオドラマ、北村薫先生インタビュー動画もありますよ!
よろしくお願いします。
http://www.kadokawa.co.jp/sp/2014/8gatu/

八月の六日間

北村 薫 / KADOKAWA/角川書店


f0134538_1905671.jpg

f0134538_1911153.jpg

f0134538_1912297.jpg

f0134538_1913364.jpg

f0134538_1914544.jpg

[PR]
by petit_montre | 2014-05-31 19:04 | showcase・5(地図ほか) | Trackback
土をふるい、バジルの移植準備をし、自家採種ルッコラの種をまきました
f0134538_23471280.jpg

今日は天気がよかったので、土をふるい、土作りをしました
土作りって言っても、「畑懐の土 懐(ふところ)」を 混ぜたり、堆肥を混ぜたりするだけですけど…
牛乳パックにふるった土を入れて、バジルの移植準備も兼ねて、他の種をまくときに
いつでも撒けるように、準備をしました。
こうやって、暇なときにスタンバイをしておけば、台所も片付き、
土の在庫も把握でき、一石二鳥である。

土の準備をしたら、何か種をまきたくなったので
昨年種をとった、ルッコラの種をまきました。
f0134538_23473335.jpg

f0134538_23474680.jpg

自家採種の種を植えるのは、初めてです。ちゃんと芽はでるのかな…
[PR]
by petit_montre | 2014-05-30 23:48 | ハーブ・ガーデニング | Trackback
二十日大根、だいぶ大きくなってきました
二十日大根、だいぶ大きくなってきました
f0134538_1153870.jpg

もう少し大きくしたいな

二十日大根は、牛乳パックで育てるのがベストかもしれない
ちょこちょこ収穫できて、場所もとらないし
ベランダ栽培は、スペースとの戦いじゃけんのう
[PR]
by petit_montre | 2014-05-29 11:53 | ハーブ・ガーデニング | Trackback
本日、バジルの苗ピット(第三弾)を作りました。
f0134538_12565813.jpg

結局昨日は、暑さと強い日射しに負けて
何もしませんでした…
ずーっと本を読んでました

本日、バジルの苗ピット(第三弾)を作りました。

まだ種が残っているので、これから卵を食べたらバジルの種を
植えていこうと思います。

これから暑くなるであろうから、たぶん二十日大根はこれから植えても
結球しなくなると思うので(昨年の失敗から学んだ)

これからは、葉物を植えて行きたいです。
[PR]
by petit_montre | 2014-05-25 12:56 | ハーブ・ガーデニング | Trackback
最近のベランダ 芽が出てみて、いろんな間違いに気づきました…
最近のベランダ
f0134538_1012825.jpg

こんなかんじです。
芽が出てみて、いろんな間違いに気づきました…

こないだ芽がでたと思ってたミツバは、二十日大根でした。
間違えました。ミツバは、未だに芽がでておりません…
なんでだろう あと少し待ってみよう。

また、バジルの苗ピットにも、間違えて転がり込んだ、
二十日大根らしきものが発芽し、成長しています。
f0134538_1015866.jpg

二十日大根は、植えて1ヶ月近くたち、ようやく結球のきざしが
見えて参りました。
早く、食べられるようにな〜れ
f0134538_1022113.jpg

あとは、シソとコリアンダー(パクチー)の種を買ったのですが、
部屋が汚すぎて、送られてきた封筒ごと紛失…
今日のところは、土をふるって、種まきの準備のみ行おうと思います…
明日、バジルとシソとパクチーの種を撒きたい…
[PR]
by petit_montre | 2014-05-24 10:03 | ハーブ・ガーデニング | Trackback
去年「田んぼの学校」で育てたお米で作った、「タカラ本みりん」が送られてきました!
f0134538_7493827.jpg

去年「田んぼの学校」で育てたお米で作った、「タカラ本みりん」が送られてきました!
量が、意外とたくさんあります。
もっと小さいビンなんだと思っていました。
(タカラ本みりんの小ビンより大きい。)

この時学んだ料理テクニックと、この本みりんで、バリバリ料理するぞ。
[PR]
by petit_montre | 2014-05-16 07:51 | 日記 | Trackback
【湯河原の思い出】西村京太郎先生に遭遇し、握手してもらいサインをもらうまでの話(2)
【湯河原の思い出】西村京太郎先生に遭遇し、握手してもらいサインをもらうまでの話(1)
http://petitmatch.exblog.jp/21997816/


のつづきです。

湯河原には、2泊3日で行きました。
1泊目は、湯河原にたどり着くまでで、終わった。
夕食を食べて、寝ました。それ以上のことは、できなかった。
f0134538_0205373.jpg

f0134538_0211095.jpg

f0134538_0212881.jpg

f0134538_0214273.jpg

f0134538_0215516.jpg

f0134538_0221391.jpg

f0134538_0223331.jpg

f0134538_0224758.jpg

クレソンのお吸い物、おいしかったです マネしたい

ちなみに宿は「オーベルジュ湯楽」というとこです。
オーベルジュというか、旅館ですね、ここは
ご飯も和洋折衷で、レストランに食べに行く形式で、
旅館とホテルとオーベルジュの間という感じでした。洋室もあるみたいです。
あんまりオシャレではないが、気楽な雰囲気です。

なにより、浴衣でぶらぶらできるのがいい!
上記のコースも、浴衣とお箸で食べられます。
とてものんびりできました。子連れの方も多かったです。
大人のみのスペースと、子連れの方のスペースが分かれていて、
互いがのびのびできるような配慮を感じました。

主に本読んで(小さい図書室もある)温泉入って、寝ていた…

朝ごはんを食べて、また寝て起きて、西村京太郎記念館に向かいました。

つづく
[PR]
by petit_montre | 2014-05-15 00:24 | 旅行・出張 | Trackback