カテゴリ:展示( 83 )
【京都でイベント出展中】「三条富小路書店7」に参加しています。京都・ギャラリーH2O 2016.12. 6(火)- 18(日)*12(月)休み 
f0134538_17042694.jpg
京都のギャラリーH2oにて
昨日から始まっているイベント、「三条富小路書店」に参加しています。
京都・三条富小路にあるギャラリーh2oが、様々なジャンルの本
(小冊子、リトルプレス、アートブック、ZINEなど)を販売する
2週間限定の本屋さんに変身する というイベントです。

【『三条富小路書店7』】
期間:2016.12. 6(火)- 18(日)*12(月)休み
時間:12:00-19:00
場所:ギャラリーH2o
〒604-8084
京都市中京区富小路通三条上ル福長町109
地下鉄東西線「京都市役所前」徒歩10分
地下鉄烏丸線「烏丸御池」徒歩10分

−−−−−−−−−−
私は2011年から参加させて頂いていて、今回6回めの参加となります。今回は、いま話題の「AI」(人工知能)の技術者である、平岡拓也さん(第24回世界コンピュータ将棋選手権優勝者、将棋電王戦FINAL出場者)とコラボしまして、平岡さんのツイート(ツイッターのつぶやき)から採取した、名言のしおりを制作し、販売しております。

f0134538_17043151.jpg

平岡さんは優秀なAI技術者であり、コンピューター将棋界の人気者なのですが、その一方で、非モテキャラのネガティブツイートでも人気(?)で、とても面白い方です。面白すぎて、思わずしおりを作ってしまいました
将棋界には「平岡組」という用語があるそうです。


↓平岡さんについて詳しくは、「ドキュメント コンピュータ将棋」松本博文:著(角川新書)をお読みください。
【第4回】Apery開発者、平岡拓也


[PR]
by petit_montre | 2016-12-07 17:06 | 展示 | Trackback
コミックマーケット90に参加します。
f0134538_17182451.jpeg
【コミケ出展のお知らせ】
コミックマーケット90に参加します。
今週末の日曜日、8/14(日)10:00~16:00
東京ビックサイト 東4ホール メ-14aです。
ジャンルは評論・情報です。
もしコミケ行く予定がある方は、良かったらお寄りになってください。
というか、私はコミケ行くの自体が初めてです…ドキドキ

駒場寮写真集の在庫はおかげさまで、書店委託分含め50部程度になりました。
コミケでどれくらい売れるかわかんないけど、
コミティアで約50冊、こないだの展示で80冊売っており、コミケのお客さんって購買力がすごいと聞くので(購買力っていうか「狩るぞ!」っていう感じがすごいらしい)うまくすれば売り切れるかも…圧倒的販売!!
アマゾンでも圧倒的販売中!!amazonって同人誌も売れるんですね、初めて知った。
https://www.amazon.co.jp/dp/B01ID68K7M
*写真は今年1月のコミティアでの様子です
[PR]
by petit_montre | 2016-08-11 17:17 | 展示 | Trackback
【展覧会情報】渋谷SPBSにて「2001年の夏休み 東京大学駒場寮写真展」を開催中
【本展概要】イラストレーター、オオスキトモコ(東京都渋谷区)は、SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS [SPBS](東京都渋谷区神山町)にて、2016年6月13日(月)から6月26日(日)まで、「2001年の夏休み 東京大学駒場寮写真展」を開催いたします。東京大学駒場寮は、東京都目黒区の東京大学駒場キャンパスにかつて存在した学生自治寮で、1935年に建設され、2001年に廃寮・解体されました。オオスキは取り壊しの直前まで写真を撮っていた、唯一の撮影者のため、本展展示写真は当時の様子を伝える大変貴重な資料となります。本展では、オオスキが2001年7~8月にネガフイルムで撮影した1000枚以上の写真から、厳選したものを展示いたします。
また、今回の展示では、2002年の卒業制作展以来初めて、学生が実際に住んでいた部屋の写真を一般公開いたします。今回初めて公開する写真もあります。
−−−−−−−
イラストレーター、オオスキトモコ(東京都渋谷区)は、SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS [SPBS](東京都渋谷区神山町)にて、「2001年の夏休み 東京大学駒場寮写真展」を開催中です。
【会期:2016年6月13日(月)〜6月26日(日)】
f0134538_10354215.jpg


【本展の内容】
「2001年の夏休み 東京大学駒場寮写真展」は、2001年に廃寮・解体された、東京大学駒場寮の写真展です。

東京大学駒場寮は、東京都目黒区の東京大学駒場キャンパスにかつて存在した学生自治寮で、1935年(昭和10年)に建設され、2001年に廃寮・解体されました。
オオスキは当時は武蔵野美術大学の学生でしたが、大学の卒業制作として駒場寮の写真集を制作しました。近年は再度過去の写真を見直し、厳選し、再編集したうえで、写真集を再度制作して販売しています。

オオスキは取り壊しの直前まで写真を撮っていた、唯一の撮影者のため、本展展示写真は当時の様子を伝える大変貴重な資料となります。本展では、オオスキが2001年7~8月にネガフイルムで撮影した1000枚以上の写真から、厳選したものを展示いたします。
また、今回の展示では、2002年の卒業制作展以来初めて、学生が実際に住んでいた部屋の写真を一般公開いたします。今回初めて公開する写真もあります。

また、1964年の芥川賞受賞作で、現在も読み継がれる名作青春小説『されど われらが日々――』(文春文庫/文藝春秋)新装版の表紙カバーに提供した写真や、第132期駒場寮委員長を務めたルポライターの松本博文氏が著した、駒場寮を題材としたノンフィクション『東大駒場寮物語』(KADOKAWA)に提供した装丁写真も、合わせて展示いたします。

同会場では、オオスキが厳選した写真24点を、建物内を散歩しているかのように感じられるよう編集した、総集編的写真集『2001年の夏休み』など、過去に制作した東京大学駒場寮のテーマ別写真集4種や、ポストカードなどの関連商品も販売しています。

■「2001年の夏休み 東京大学駒場寮写真展」開催要項
会期:2016年6月13日(月)~6月26日(日)
会場:SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS ギャラリースペース
営業時間:月~土 12:00~24:00 日 12:00~22:00*最終日は17時まで
*イベントやワークショップ開催により、変更になる場合がございます。
〒150-0047 東京都渋谷区神山町17-3 テラス神山1F
tel:03-5465-0588
http://www.shibuyabooks.co.jp/
-----------------------------------------

【著者プロフィール】
現在、基本的には「オオスキ トモコ」名義でイラストレーターをやっています。
http://www.sepia.dti.ne.jp/tomo/
「大薄 朋子」名義で、写真の作家活動も行っています。

オオスキ トモコ/大薄 朋子
1979 熊本県熊本市生まれ。
1998 武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科入学
2002 武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科卒業
「日本カメラ」2002年7月号(日本カメラ社)『卒展を見る 2002』に、大学の卒業制作 「東大駒場寮で暮らす」(写真・インタビュー集)が掲載(大薄朋子名義)
2007 『されどわれらが日々ー〈新装版〉』柴田翔(文春文庫/文藝春秋)表紙カバーに写真提供
(大薄朋子名義)
2012 ホンマタカシ ワークショップ 「たのしい写真 よい子のための写真教室」第6期参加
2014 『たのしい写真3 ワークショップ編』ホンマタカシ(平凡社)に、ワークショップ課題作品が掲載
(オオスキトモコ名義)
2015 『東大駒場寮物語』松本博文(KADOKAWA)カバー・表紙・扉に写真提供(オオスキトモコ名義)

現在、マイペースで作品制作、写真集制作を行っています。

写真集をBOOTHで販売中。 https://tomoshop.booth.pm/

URL:http://www.sepia.dti.ne.jp/tomo/take/
-----------------------------------------
現在、東京大学駒場寮の写真集は、4種を発売中です。
2013年11月発売
駒場寮の「第一印象」を集めたポストカード写真集 『First impression』 http://bccks.jp/bcck/117533
*柴田翔「されどわれらが日々ー」(文春文庫)装丁写真も収録。

2014年12月発売
「屋上」の写真のみを選んだポストカード写真集 『Lost Paradise』 http://bccks.jp/bcck/127843/info

2015年9月発売
アートとらくがきを集めたポストカード写真集『Art and Message』 http://bccks.jp/bcck/137334/info
*プレスリリース https://www.value-press.com/pressrelease/148301
総集編的写真集『2001年の夏休み 東京大学駒場寮写真集』 https://tomoshop.booth.pm/items/144438
*プレスリリース https://www.value-press.com/pressrelease/149586
-----------------------------------------
★駒場寮の写真は、instagramでも見ることができます。写真集に収録していない写真もあります。
https://instagram.com/komabaryo/
-----------------------------------------

【今後の展開】
オオスキは今後も、イラストレーターの仕事と並行して、継続的に東京大学駒場寮の写真集制作を行っていく予定です。

■このブログ記事は、プレスリリース・報道資料として扱ってくださって構いません。
■写真資料請求、本展に関するお問い合わせは、下記までお願いします。
担当者名:大薄 朋子(オオスキ トモコ)
Email:tomoppee@gmail.com
[PR]
by petit_montre | 2016-06-17 10:38 | 展示 | Trackback
デザインフェスタvol.42 BOOTH&pixivFACTORYエリアに出展
f0134538_1174841.png

デザインフェスタvol.42 BOOTH&pixivFACTORYエリアに出展させて頂きます。

・2015年11月21日[土]のみ参加
・11:00〜19:00
・ブースNo【A-13】
・東京ビッグサイト西ホール

今回は、BOOTHに売っているもののリアル販売と、駒場寮の写真のポスター展示と、額入りプリントを3枚だけ販売します。写真のプリントを売るのは初めてです。
デザインフェスタに最後に行ったのが学生のとき(15年くらい前)なので、いまいちどういう空間で、どういう価格帯のものが売れるのかわからないのですが、ミニ写真展的な感じでやろうと思います。

来月発売予定の、松本博文『東大駒場寮物語』(KADOKAWA)の見本も読める!よろしくお願いいたします。

デザインフェスタ
http://designfesta.com

BOOTH&pixivFACTORYエリア
http://booth.camp/post/132005993568/
f0134538_118538.jpg

[PR]
by petit_montre | 2015-11-16 11:08 | 展示 | Trackback
プロフェッショナルやさいの流儀・戦後70年特別編〜【後編】戦後の食料安定と、「相互理解」の重要性
突然ですが…今年は戦後70年ということで、自分が聞いた戦争経験者のお話をUPします。
*これは2013年の「プロフェッショナルやさいの流儀」展
「取材写真アルバム」に入れてた文章と同じものです。

板木利隆先生(農学博士・板木技術士事務所)のお話です。
詳しいプロフィール→ http://jv-ikubyou.com/12komon.html
以前「プロフェッショナルやさいの流儀」で取材させていただいた記事はこちらです
http://petitmatch.exblog.jp/17333610/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【前編】はこちら→ http://petitmatch.exblog.jp/23562189/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【後編】戦後の食料安定と、「相互理解」の重要性
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
f0134538_3454835.jpg

千葉農業専門学校卒業後、千葉農業専門学校の助手を数年やったあと、
昭和29年(1954年)神奈川県園芸試験場へ。

神奈川県園芸試験場では、品種を作ったり、ビニールハウスの研究をしたりしていた。
時は高度経済成長期。
1966年、「野菜生産出荷安定法」が制定される。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S41/S41HO103.html
*野菜の安定的な供給の確保のため、「指定野菜」を常に一定量作るようにするというもの。

野菜の安定出荷のためには、ビニールハウス栽培等の「施設栽培」の技術は重要であった。
昭和48年(1973年)オイルショックが起きる。
石油製品であるビニールや、ハウスの暖房のために石油を使っていた
ビニールハウスの研究は、
世間から総スカンをくらい、叩かれることとなる。
f0134538_3552780.jpg

そこで板木先生は「相互理解」の重要性を知る。
生産者、研究者、消費者が、互いに理解しあわなければ、
こういうことになってしまう。
生産者のために研究をするだけでなく、
一般の人に研究をわかってもらうことの必要性を強く感じた。
f0134538_3382967.jpg

「プロフェッショナルやさいの流儀」で取材させていただいたプロの皆さんと私

自分の研究内容が、現場に普及するのが大切だと思っている。
それで先生は、研究もたくさんされていますが、
たくさんのご著書も書かれ、講習会も積極的に行なったり、
自ら情報を発信することを大切にしているそうです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【前編はこちらです】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
後編は戦争というか「戦後」の話です。
板木先生のお話を伺ったとき、先生のキャリア(考え方)には、
戦争が深く関係していると感じました。
農業高校に進んだのも「食べ物が確保できると思ったから」だし、
基本的には「より多くの人が生きのびるためにはどうすればいいか」
という発想で研究をされていて、
やはりベースは「戦争経験」(戦争と、戦争から立ち直るまでの経験)にあるのではないかなと…
戦争経験者がどんどんいなくなっている今、
そのことを書き、伝えていくことが重要なのではないかと思いました。
そこで今回、板木先生のご許可も得て、ブログにUPしてみました。

今後、戦争がなくても、
「自分は何を食べるのか、それをどう確保していくのか」の問題は
人間が生きていく以上、常に考えないといけない問題だと思うので、
私も消費者として、生産者・研究者への理解を深め、
よりよい食環境が得られるよう考え、行動していきたいと、改めて思いました。
[PR]
by petit_montre | 2015-01-17 03:58 | 展示 | Trackback
プロフェッショナルやさいの流儀・戦後70年特別編〜【前編】戦争が進路を決めた
突然ですが…今年は戦後70年ということで、自分が聞いた戦争経験者のお話をUPします。
*これは2013年の「プロフェッショナルやさいの流儀」展
「取材写真アルバム」に入れてた文章と同じものです。

板木利隆先生(農学博士・板木技術士事務所)のお話です。
詳しいプロフィール→ http://jv-ikubyou.com/12komon.html
以前「プロフェッショナルやさいの流儀」で取材させていただいた記事はこちらです
http://petitmatch.exblog.jp/17333610/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【前編】戦争が進路を決めた
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
f0134538_1375222.jpg

1929年(昭和4年)、島根県生まれ。
昭和恐慌の始まりの年に生まれる。
小学校の時に第二次世界大戦(1939年−1945年)が始まる。
とにかく食料がない時代。
農業高校に行けば食べ物を確保できると思ったこと、
それが、農業への道の始まりであった。

島根県立出雲農林高等学校へ進学。(当時は5年制)

当時は就職口といえば、兵隊だった。
農業高校からの就職・進学先としては、軍事用の馬の生産の必要があったため、
畜産分野に行く道があった。
帯広獣医畜産専門学校(現・帯広畜産大学)の学長が、島根県出身であったことから
進学を勧められていたため、推薦入学で帯広獣医畜産専門学校に進学するつもりでいた。
そもそも学徒動員もあり、2年生までは授業があったが、3〜4年生のころはほとんど授業もなく
ずっと働いていたので、進路について深く考える余裕もなく、
ほかに選択肢も考えられない状況であった。
f0134538_1392343.jpg

そんな中、4年生の時、1945年8月15日に終戦となった。
繰り上げ卒業することになり、受験勉強などしていなかったのに、
突然、翌年4月入学のための入学試験を、
翌年3月に受験しなければならなくなった。
f0134538_274778.jpg

その年の大学(上級学校)入試は、高校卒業生に加え、
戦争から戻ってきた軍人(社会人)や、
士官学校の卒業生も受験する、激戦であった。
戦争も終わったので、近いところがいいと思い、
受験した鳥取農林専門学校(現・鳥取大学農学部の母体)の倍率は、23倍。
陸軍士官学校、海軍兵学校、経理学校等を卒業し、
軍隊でバリバリ働き、英語もできる人たちに、
普通の高校生が学力で勝てるわけがない。
現役の高校生はほとんど受からなかった。板木先生も、受験に失敗。
翌年再度受験し、千葉農業専門学校(現・千葉大学園芸学部)に合格。
f0134538_28518.jpg

f0134538_282334.jpg

ところが…当時は戦後で食べ物がない。
東京の近くの千葉なんて行ったら、食べ物がなくて困るんじゃないかと
親戚一同に心配された。

千葉農業専門学校で、野菜を専攻する。
野菜を専攻したのは、「食べられるものがいい」と思ったことと、いい先生がいたから。
苦しい時代ながらも、学生時代は何十種類ものアルバイトをしたり、
友達にも恵まれ、苦しき中にも楽しい学生時代だったそうです。

卒業後、千葉農業専門学校の助手を数年やったあと、
昭和29年(1954年)神奈川県園芸試験場へ。


【後編に続きます】

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
私が小さい頃にはまだ、
「戦争で、銃で足を撃たれて、足が1本になってしまった人」など、
「物理的に・具体的に」戦争で傷ついて、生きのびて、
その後、普通にお店などで働いてた人が、普段の生活の中で目に入る範囲にいました。
私の祖父母も、戦争経験者です。
ですので、直接見て、聞いて、「戦争の傷あと」を感じることができたと思います。
しかし今は、その世代の方々の多くは亡くなってしまいましたし、
普通の生活からは、戦争を「現実のもの」として
捉える事ができない人が、増えて来ているのかなあ と感じる今日このごろです。

義務教育で教えてるはずなのに、「実感として」日本で戦争があったことを
わかっていない人が、増えているように感じるのです。

板木先生の戦争経験のお話は、あくまで「板木先生が大事にしていること」
を知るためにお伺いした、ご自身の半生のお話が元になっており、
「戦争経験の話」としてお伺いした話ではなかったのですが、
大学受験の話があるので、若い人にも、身近に感じられるお話ではないかと思いました。
戦争経験者がどんどんいなくなっている今、このお話を
自分のなかにしまっておくのは、もったいないと思いましたので、
今回板木先生のご許可も得て、ブログにUPしてみました。
[PR]
by petit_montre | 2015-01-17 02:26 | 展示 | Trackback
【来週から】「三条富小路書店5」に参加します。京都・ギャラリーH2o 12/2(火)-12/14(日) *8日休み
f0134538_10313.jpg

京都のギャラリーH2oにて
来週より始まるイベント、「三条富小路書店」に参加します。
京都・三条富小路にあるギャラリーh2oが、様々なジャンルの本
(小冊子、リトルプレス、アートブック、ZINEなど)を販売する
2週間限定の本屋さんに変身する というイベントです。
−−−−−−−−−−
『三条富小路書店5』
http://bookkyoto.wix.com/home
京都・ギャラリーH2o(富小路三条上ル)
12/2(火)-12/14(日) *8日(月)休み
12:00-19:00 (金曜日21時まで)
http://www.eaudesign.com/h2o/galerie.html
f0134538_162333.jpg

−−−−−−−−−−
私は2011年から参加させて頂いていて、今回4回めの参加となります。
こちらで、東京大学駒場寮写真集を展示販売いたします。

『First impression』→その名の通り「第一印象」を集めた写真集です。
http://bccks.jp/bcck/117533/info

f0134538_151877.jpg


『Lost Paradise』→屋上の写真だけを集めた写真集です。
http://bccks.jp/bcck/127843

f0134538_135666.jpg

これは昔、私が大学の卒業制作として撮影したものを、
昨年デジタル化して、再編集したものです。
1枚づつ切り離して、ポストカードとしてもご使用いただけます。

BCCKSでは紙本は1554円なのですが
「三条富小路書店」では、1500円で販売しています。(わずかにお得)
ポストカード15枚組、1枚100円なので、ポストカードブックとしては、お得なんじゃないかと思います…

本当は下記の「UNIVERSE」も出したかったのですが、印刷が間に合いませんでした。
なのでこちらは、BCCKSでデータ本を無料配布することにしました。
http://bccks.jp/bcck/128537

f0134538_155213.jpg

よろしくお願いいたします!
[PR]
by petit_montre | 2014-11-26 01:08 | 展示 | Trackback
銀座モダンアートの「Zine展5」後半に入ってます。先日、追加搬入にいってきました。
10/2〜10/14、銀座・奥野ビル6Fのギャラリー、
銀座モダンアートで行われる「Zine展」に参加しています。
水曜日に、追加搬入にいってきました。

会場はこんな感じです。
f0134538_2321357.jpg

f0134538_2323035.jpg

f0134538_2324624.jpg

f0134538_233216.jpg

今回写真集が多くて、なかなか面白かったです。
他にもいろんな作品がありましたよ。

今回私は、東京大学駒場寮の作品を出しています。
『First impression』→その名の通り「第一印象」を集めた写真集です。
『Lost Paradise』→屋上の写真だけを集めた写真集です。


2冊ともBCCKSでも販売しています↓
http://bccks.jp/store/124414
f0134538_9113176.jpg

「zine展5」では、BCCKSより少し安く、1500円(税込)で販売しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
zine展5
2014年10月2日(木)~2014年10月14日(火)
12:00~19:00(最終日は17時まで)
〒104-0061
東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル608
銀座モダンアート
03-5579-9830
http://ginzamodernart.com/?page_id=75
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[PR]
by petit_montre | 2014-10-10 02:34 | 展示 | Trackback
銀座モダンアートの「Zine展5」明日からです。今日、搬入にいってきました。
10/2〜10/14、銀座・奥野ビル6Fのギャラリー、
銀座モダンアートで行われる「Zine展」に参加します。
今日、搬入にいってきました。

この奥野ビルは、築80年以上の古い建物です。
f0134538_21563694.jpg

銀座モダンアートは、6階の奥のほうにあります。
f0134538_21565386.jpg

なんと、エレベーターが手動です。
f0134538_2157914.jpg

ギャラリーがたくさん入っていて、他のお店も楽しいです。

私はここで、東京大学駒場寮写真集を展示販売いたします。
『First impression』は10/2から
http://bccks.jp/bcck/117533/info

f0134538_16562397.jpg

『Lost Paradise』は、10/9以降の販売予定です。
f0134538_1656353.jpg

BCCKSでは、もう少し早く販売できると思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
zine展5
2014年10月2日(木)~2014年10月14日(火)
12:00~19:00(最終日は17時まで)
〒104-0061
東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル608
03-5579-9830
http://ginzamodernart.com/?page_id=75
f0134538_16581111.gif

*地図は銀座モダンアートサイト内より引用
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[PR]
by petit_montre | 2014-10-01 21:58 | 展示 | Trackback
10/2〜10/14、銀座・奥野ビル6Fのギャラリー、 銀座モダンアートで行われる「Zine展」に参加します。
10/2〜10/14、銀座・奥野ビル6Fのギャラリー、
銀座モダンアートで行われる「Zine展」に参加します。
ここで、東京大学駒場寮写真集を展示販売いたします。
『First impression』は10/2から
http://bccks.jp/bcck/117533/info

f0134538_16562397.jpg

『Lost Paradise』は、10/9以降の販売予定です。
f0134538_1656353.jpg

BCCKSでは、もう少し早く販売できると思います。

この奥野ビルは、築80年以上の古い建物で、
なんと、エレベーターが手動です。
たぶん私の写真を好むタイプの方というのは、古い建物がお好きでしょうから、
ぜひその辺もお楽しみいただけたらと思います。
ギャラリーがたくさん入っていて、他のお店も楽しいです。

奥野ビルについては、このまとめがわかりやすいと思います。↓
80年前の高級デザイナーズマンション?!銀座にある『奥野ビル』が素敵
http://matome.naver.jp/odai/2139027958399425101
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
zine展5
2014年10月2日(木)~2014年10月14日(火)
12:00~19:00(最終日は17時まで)
〒104-0061
東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル608
03-5579-9830
http://ginzamodernart.com/?page_id=75
f0134538_16581111.gif

*地図は銀座モダンアートサイト内より引用
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[PR]
by petit_montre | 2014-09-30 16:59 | 展示 | Trackback