カテゴリ:文章の仕事( 3 )
「家庭画報国際版」2013秋冬号、OHGUSHIさんインタビューと展覧会記事の日本語テキストがUPされました。
f0134538_658330.jpg

9/1発売の「家庭画報 International Edition」(家庭画報国際版)アート&エンタテインメント欄
で、ライターの仕事をしました。
http://petitmatch.exblog.jp/20318278/
これは全部英語で書かれているのですが、
発売後しばらくすると、
日本語テキストを家庭画報国際版のページ
http://int.kateigaho.com/main_j/?lang=ja
からダウンロードして読むことができます。

最新号がUPされたようですので、良かったら読んでみてください(無料です)↓

アーティスト・インタビュー
OHGUSHI ——計算されつくしたにじみで描く美人画
http://int.kateigaho.com/cms_content/uploads/sites/4/2013/08/10_interview.indd_.pdf

アート&エンタテインメント
http://int.kateigaho.com/cms_content/uploads/sites/4/2013/08/11_artenter.indd_.pdf

本来はビジュアル重視の雑誌なので、ご興味もたれたら本誌もぜひ読んでみてください↓

KIE2013AUTUMN/WINTER vol.32 (家庭画報特選)

世界文化社 / 世界文化社


[PR]
by petit_montre | 2013-09-17 06:59 | 文章の仕事 | Trackback
9/1発売「家庭画報国際版」OHGUSHIさんインタビューと展覧会記事5本書きました。
f0134538_1620396.jpg

9/1発売の「家庭画報 International Edition」(家庭画報国際版)アート&エンタテインメント欄にて、
アーティストのOHGUSHIさんのインタビューを担当しました。
インタビュー自体は去年「プロフェッショナルやさいの流儀」でもやっていたので
経験があるのですが、
文字だけでインタビュー記事を書いたのは、これが初めてです。

OHGUSHIさんは和紙に墨で女性の絵を描いている人です。
マクドナルド、クリニークなど世界的規模の広告の仕事を手がけているアーティストです。
イラストレーション専門誌(絵を描く人向けのメディア)では、インタビューや特集も多いかと思うのですが、
一般の方向けに、技法の話、「墨と和紙」「日本の道具と技法の追求」についてインタビューするメディアは
この号が初めてになると思いますし、絵を描かない人にもわかりやすく書けたと思います。
アトリエにおじゃましてお話聞いたのですが、原画が想像以上に大きくて、驚きました。

OHGUSHIさんのホームページはこちら
http://www.ohgushi.jp/


それと前号に引き続き、アート記事を5本書きました。
私が書いた記事は
・「オープン・スペース 2013」 NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]
・「六本木クロッシング2013」 森美術館
・工芸都市高岡2013クラフトコンペ「東京展」  松屋銀座7階デザインギャラリー1953
・横尾忠則の「昭和NIPPON」 青森県立美術館
・「柿沼康二 書の道 “ぱーっ”」 金沢21世紀美術館
の5本です。

KIE2013AUTUMN/WINTER vol.32 (家庭画報特選)

世界文化社 / 世界文化社


[PR]
by petit_montre | 2013-09-02 16:21 | 文章の仕事 | Trackback
「家庭画報 International Edition」(家庭画報国際版)アート&エンタテインメント欄
3/1発売の「家庭画報 International Edition」(家庭画報国際版)アート&エンタテインメント欄にて、
アート記事5本書きました。初めてのライター仕事です。
日本では大型書店で販売しているようです。(洋雑誌を取り扱ってる書店でないと売っていないかも?)

「日本の文化を日本人の視点で世界に向けて発信する」という編集方針の雑誌で、
「家庭画報」本誌よりもカルチャー寄りの内容となっています。
こちらは男性読者もけっこういるようです。
写真・デザインなどがとても華麗かつ上品で、ビジュアルがとても美しい雑誌です。
なので関われて、とても嬉しいです。

下記リンクから、日本語版テキストだけ、ダウンロードして読めるようになっています(無料)。
私が書いた記事は
・山種美術館「百花繚乱―花言葉・花図鑑―」
・金沢21世紀美術館 デザインギャラリー「フィロソフィカル・ファッション 1:FINAL HOME」
・太田記念美術館「江戸っ子味めぐり」
・東京オペラシティ アートギャラリー「梅佳代展」
・京都国立近代美術館「交差する表現 工芸/デザイン/総合芸術」
の5本です。

http://int.kateigaho.com/main_j/new/index.html
(誌面はオール英語です)
http://int.kateigaho.com/main_j/

KIE2013SPRING/SUMMER vol.31 (家庭画報特選)

世界文化社 / 世界文化社


[PR]
by petit_montre | 2013-04-03 20:34 | 文章の仕事 | Trackback